読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァン・クライバーン・コンクール・ライブの感想!

すべて涙で感動でした。車に乗りながら!大ボリュームで臨場感を味わっています。会場の緊張感が伝わり、ライブとして録音の音質も良いのでピアノ曲が好きな方にはお勧めの1枚です。

3月30日 オススメ商品♪

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

ヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ [ 辻井伸行 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

注目のCDは、全て購入しました。盲目の彼だからこそ持っている!素晴らしい感性が息づいている演奏が聴けます。CDでもOK。辻井伸行さんのCDは!すべて持っています。デビューアルバムも持っていますが!こちらもかなり良いようで!感激(感動?)していました。とにかく一度ご自分の耳で確かめられることをお奨めしたい一枚です。一つ一つの音を丁寧に!おおらかにのびのびと謳っています。辻井さんのCDも演奏も初体験ですが、コンクールという緊張した空気を感じさせない、のびのびとした演奏だと思います。視覚障害者と言われる辻井さんですが、これは神としか言いようのない澄んだ音。来るのが楽しみです。鍵盤の上を神が踊っているような感覚に襲われる演奏です。辻さんらしい優しいタッチの曲に仕上がっていて大変癒されるCDです。作り込まれた録音に飽きていたところだったので、ライブ感がとても新鮮でした。。 クラシック好きはもとより!クラシックに縁遠かった人やお稽古事のスランプに陥っている人に広く聴いて欲しいです。若々しさよりだけではなく!どこか円熟味も感じる演奏です。呼吸が伝わってくるような録音で臨場感もあります。特にラ・カンパネラは最高!受賞時のTVの放映で!一部分しか聴けなかったので!どうしても全曲聴いてみたくなり購入しました。コンクールの演奏の全部ではなく、ラフマニノフの2番がないのが残念です。ぜひ聴いてください。テレビを見て感動して購入ピアノは昔から好きで自分はある程度で辞めてしまったので憧れます。うっとりします。やっぱり音楽は素晴らしいです。ショパンエチュードは!辻井さんの持ち味が十分発揮されていると感じました。心に響いてきました。コンクールという緊迫感も伝わってきますが、彼は技巧だけではないです。完璧な演奏に脱帽です。大曲、ベートーヴェンの「ハンマークラビア」は大家を思わせる堂々たる演奏。(本よりCDの方が早く届く印象がありますが、気のせいかな?)期待通りのCDでした。ヴァンクライバーンでのホントはDVD映像が欲しいのですが!今回はまだ出てないようなので!本番の彼の演奏を聞いてみたいです。コンクールですが慎重さよりも、弾きたいように弾かれているように聞こえます。別にCD化されるのでしょうか。 勿論、大変な苦労の上のことには違いないのですが、難行苦行は微塵も感じさせずに聴衆を音楽の楽しさに誘ってくれます。やはりライブになると!迫力が出る気がしました。ラカンパネラも入っていて!フジコヘミングとは全く違う局のように感じられました。虜になってしまいました。ラ・カンパネラは鳥肌もんです!通勤の車中で聴いてます♪演奏は申し分ありません。コンクールでのラフマニノフがとても聞きたかったのですが、今回のCDには入っておらず、すべての曲がないのは、とても残念でした。ただ、コンクールでの曲がよっぽど聞きたいのではなければ、「debut」のCDが一番聞きやすいのではないかと思います。 私自身、あくまでお稽古事の域を出ませんでしたが、ピアノの練習が辛くてたまらない時期があり、当時の自分に聴かせてやりたいと痛切に思います。ただ、コンクールのライブということで購入したのに、セミファイナルの室内楽やファイナルのリサイタル、そして特に聞きたかったショパンラフマニノフの協奏曲が収録されていないので、星4つです。この演奏家には、ハンディキャップが云々というよりは、並みの演奏家や学生には真似できない、とてつもない能力があるのではないでしょうか。盲目のピアニスト辻井伸行が感動的な優勝を果たした!ヴァン・クリバーン・コンクールのライブ録音CDです。ただ、コンサートでの録音CDとは違い、コンクールでの演奏ですが、拍手喝采の音も入っており、大音響で聞くと、自分もその中の一員かのように感じられます。先日早朝一番乗りにもかかわらず!チケットを購入できなかった母のために購入。演奏と簡単に片付けることさえ心苦しい神聖な音です。正確なタッチなんだけど!優しい音。室内楽と協奏曲も入れた2枚組だともっとよかったですね。決して超絶技巧を誇ることなく!ピアノが楽しくて堪らず!続けているうちに高い所まで来てしまった…そんな演奏です。今回、注文した翌々日には届いたので、うれしかったです。